関連リンク

国土地理院のHP
国土交通省のHP

ニュースレター春夏秋冬は年4回発行を目指しています。各現場から届いたレポートを中心にお届けします。

ニュースレター "春夏秋冬" ・・・2017年

北斗エンジニアリングの最新情報をお届けいたします。

ニュースレター春夏秋冬は年4回発行を目指しています。各現場から届いたレポートを中心にお届けします。

北斗ニュース:河川点検士に "3名合格" しました。

山際・長尾・大西が河川点検士の資格を取得しました。

地籍主任調査員の資格も、5名が持っております。

仕事の更なる、上を目指して社員一同頑張っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

本社通信 :現場日誌「地上も、地下も測ります!」より

農業用水路の管内でのお仕事です。

先ずは水を抜いてもらって水位の下がるのを待って管の内へ入ります。
これが暗いんです。

管の中は真っ暗!ちょっと怖い。

足元をしっかり固定してからレーザーで観測開始です。
3Dスキャナーで正確に測量が出来ます。
用水路の管が古くなっているか、亀裂はないか?レーザーで測って行くそうです。
便利になりましたね。

・・・一方、地上では?

基準点測量の真っ最中。車に気を付けながら測量中です。

丹後支店通信 : 秋の現場日誌 「姫路での確定測量」より

神社での確定測量業務です。

写真を見てると、まるで「だるまさんがころんだ」みたいに、
神社の内から鳥居まで、少しづつ位置を確認しながら測量していくのですね。
根気のいる仕事です。

オフタイム!! 秋の七草

秋にも七草があるの知ってましたか?

七草と言えば、春の七草は、有名ですよね。
春の七草は、1月7日に七種類の野菜を入れた七草粥を食べて邪気を払い無病息災と五穀豊穣を祈るそうです。

秋の七草は、目で楽しむ、鑑賞する植物

そして、民間薬や漢方薬として・・・。

秋の七草は、万葉集の歌がルーツだそうですが、実は秋といわれていますが夏の花が多いのです。
春の七草と違って秋の七草は、食べられませんが昔から民間薬や漢方薬として古くから使われているそうです。

編集長コラム

秋のコントラストを見つけて。

9月、秋晴れのさわやかな日曜日久しぶりに散歩に行ってきました。
途中に、ヒガンバナが咲いていました。
私の田舎では田んぼのあぜ道にた〜くさん咲いていましたが、都会では(茨木って都会かな?)あまり見かけないのですが、阪急電車の土手に咲いていました。赤と白のコントラストが奇麗でした。(^^)
白の花言葉は、思うはあなた一人、黄色は、深い思いやりの心だそうです。
不吉なイメージが先行していますが、私は好きですね!
編集長:大藤

ホームページのご紹介

※今の時期、11月〜12月に咲くピンクの南アフリカ原産のヒガンバナ科の「ネリネ」という花があります。見た目は彼岸花にそっくり!探してみてくださいね。別名ダイヤモンドリリー → 参考サイト(NHK趣味の園芸)