関連リンク

国土地理院のHP
国土交通省のHP

最新の測量技術・測量業界の事情などを配信しています。

電子基準点について

電子基準点付属標  

電子基準点とは (左写真:電子基準点付属標)

電子基準点は、地上約2万Kmの高さを周囲するGPS衛星が発信する電波を受信し、この位置を観測するための施設です。
国土地理院では、地震・火山等の調査研究のため地殻変動監視及び各種測量の基準点として利用するために、全国におよそ1200点の電子基準点を設置しています。

電子基準点の外観

電子基準点は、高さ5mのステンレス製のタワーにGPS衛星からの電波を受信するアンテナと受信機が内蔵された構造になっています。得られたGPS観測データは、リアルタイムでつくばの国土地理院に集められます。
※一部非常時接続点あり。

電子基準点

電子基準点

 

大阪(中央区内久宝寺町2丁目銅座公園)

データの解析結果

国土地理院では、全国から集められたこれらの観測データの解析処理を行い電子基準点の位置の変動を監視しており、解析結果は、ホームページに”現在の地殻変動情報”として公開しています。

データの提供

電子基準点データは、5時間後のダウンロードが可能です。
これより即日計算処理が可能になり、GPSを用いた測量作業の効率化が図られます。